Nuxt.jsでGoogle Analyticsを導入する

2019-02-24 01:18:00
フロントエンド

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

Nuxt.js でGoogle Analyticsを導入する

目次

Google Analytics とは

Google Analyticsを利用すると、サイトの訪問者数等、アクセス解析ができたりします。
個人での利用であれば無料で十分使うことができます。
機能や、無料、有料の詳しい差異はこちらから確認できます
https://marketingplatform.google.com/intl/ja/about/analytics/compare/

インストール

Nuxt.jsでGoogle Analyticsを導入するには@nuxtjs/google-analyticsを入れます。

yarn add @nuxtjs/google-analytics

設定

@nuxtjs/google-analyticsが有効になるように nuxt.config.js の修正をします

nuxt.config.js

  /*
  ** Nuxt.js modules
  */
  modules: [
    [
      '@nuxtjs/google-analytics',
      {
        id: process.env.GOOGLE_ANALYTICS_TRACKING_ID || 'dummy'
      }
    ]
  ],

id には直接トラッキングIDを入れてもいいのですが、今回はprocess.envで環境変数で入れるようにしています。

これで起動時に環境変数にトラッキングIDを設定すれば、使えるようになります。

例えば yarn run dev で起動させたい場合下記のように指定すれば利用できます。

$ GOOGLE_ANALYTICS_TRACKING_ID=UA-XXXXXX yarn run dev

導入としてはこれだけで完了です。

トラッキングIDの取得

Google Analyticsのページを開き新しいアカウントを作成します。

必要な情報を入力し、下部に「トラッキングIDの取得」をクリックします。

すると UA-XXXXXXX といったIDが表示されていると思います。
こちらがトラッキングIDになるのでこのIDを使ってビルドやアプリを走らせればOKです。

まとめ

まとめると、導入に必要な作業は下記の3ステップで可能でした。

  • Google Analyticsのアカウント作成・トラッキングID取得
  • @nuxtjs/google-analytics のインストール
  • nuxt.config.jsの修正

非常に簡単に導入でき、便利なツールですので、どんどん活用していきたいと思います。