Unity2019入門 最新開発環境による簡単3D&2Dゲーム制作 レビュー

2020-01-25 23:00:00
書評

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

Unity2019入門 最新開発環境による簡単3D&2Dゲーム制作 レビュー

Unity入門2019を買ってUnityの勉強をしたのでレビューします。
初心者に非常におすすめの本です。解説が丁寧で、迷うことなくUnityの使い方を学ぶことができます。初心者向けでありながら2D、3D、タイトルシーン、BGM、ゲーム制作に必要な要素はしっかりと詰まっています。

目次

レビュー 書評

Unity2019入門 最新開発環境による簡単3D&2Dゲーム制作

Unityでゲームを作りたい!

ゲームを作りたい!と思ったとき最近ではUnityを使ったゲーム開発がまず挙げられると思います。

Unityでゲーム制作を始めると言っても何からしていいかわからないですよね。

  • どこから始めたらよいかわからない
  • プログラミングをやったことがない

そういった方にこそぴったりなUnityの入門書籍になると思います。

この一冊を読むだけでUnityを使ったゲーム開発の流れがわかります。
2Dゲーム開発、3Dゲーム開発、BGM、タイトルシーン作成等ゲーム制作に必要な要素がこの一冊に詰め込まれています。

章立て

Chapter1~7の構成されています

Chapter1,Chapter2ではUnity自体のインストール方法、環境の作成方法
Chapter3以降は実際に簡単なゲームを、写真入りで解説された手順に沿って作っていきます。

Chapter3以降で学べることについてもう少し詳しく見ていきます

Chapter3 玉転がし

Chapter3では玉転がしゲームを作っていきます。
ここで学べるのは下記の様な技術

  • ゲームオブジェクトの作成
  • コンポーネントのアタッチ
  • 物理マテリアルの設定
  • マテリアルの設定

ここで良かった点は、物理マテリアルやマテリアルの設定についての解説がある点です。
最低限の動くものであればゲームオブジェクトの作成と、コンポーネントのアタッチだけで可能です。
しかし、「ゲーム制作」ということを考えると、もっとボールを跳ねるようにしたい、色を変えてみたいという要望が出てくると思います。
このあたりを後回しにせず、この章で自然な流れで物理マテリアル設定、マテリアル設定の解説があるので、ストレスもなく作業ができました。

Chapter4 2Dゲームを作ってみよう

Chapter4では2Dゲームの作り方について書かれています。
ここでは矢印キーの入力を受け取って左右に移動させたり、スペースで弾を打ち出すといった、2Dゲームで必要な知識について学べます。

  • 1枚の画像データの中に複数の画像素材を入れて扱う方法
    • SpriteEditorを使った方法
  • レイヤーについて
  • コライダーの説明
  • スクリプトの適用方法
  • Prefabの使い方

スクリプトや、Prefabを使ってだいぶゲームっぽいものを作るのですが、解説が丁寧で迷うことはありません。
各操作ごとに図があるので、それ通りにやれば誰でもできる様になっています。

ほとんど同じ手順でも毎回説明が書いてあるのでなれている人から見たら、 冗長かもしれませんが何度も同じ作業を繰り返すことで解説どおりにやっていくことで自然と操作を覚えることができました。

Chapter5 UI作成

ゲーム制作というと実際にゲームのプレイ中キャラクターの動作などに注目されがちですが、タイトル画面も大事な要素ですよね。

Chaptor5ではUIについての解説が書いてあります.

  • テキストの作成方法
  • 画像の埋め込み
  • タイトルシーンの作成

テキストの使い方と、 タイトルシーンを実際に作っていく手順が解説されています。
Unityというとキャラクターの動作など動かすところがメインに解説されることが多いので、意外とUIについての解説があると非常に助かります。
ゲームとして成り立たせるにはメイン以外にタイトルなどテキストの埋め込みなどが必須になってくる場面は出てくるので、そちらもしっかり解説されているのがとても良かったです。

Chapter6 3Dゲーム作成

この章では実際に3Dのゲームを作っていきます。

3Dのゲームでステージ上を駆けてゴールを目指すといったゲームです。

これまでの内容で学んできたステージ作成やゲームとして成り立たせるための条件設定BGMなどゲームに必要となる下記の要素を学べます。

  • Assetの使い方
  • オブジェクトとスクリプトを使ったクリア条件などのゲームルールの設定の仕方
  • BGMの付け方

ここまでできるとかなりゲームらしいことができます。
クリア条件の設定など、多少スクリプトを書く部分も増えてきます。
ただ1つ1つ解説は書いてあるのでプログラムを書いたことがない人でも理解できるようにはなっています。

Chapter7 スマートフォン向けの改良

この章ではChapter6 で作ったゲームをスマートフォン向けに改良や、ビルドする手順が写真付きで載っています。

  • スマートフォン向けのコントローラーAssetの使い方
  • 処理の負荷をへらす方法

スマートフォンならではの操作方法への対応の方法や、PCと比べて処理性能の劣るスマートフォン用に負荷を軽減するテクニックが学べます。
今だとPC用よりスマホ用にゲームを作ることが多いので、スマホ用の解説もあるのは非常に助かりました。

良かった点

  • 解説が非常に丁寧、操作を行うごとにキャプチャがあるため迷うことがない
  • Unityの基本的な使い方がわかる
  • Tipsで応用的部分などの補足があり、自分でアレンジなどにも挑戦ができる構成となっている

物足りない点

  • アニメーションの解説がない

移動などのアニメーションが付いたゲームはもちろん作るのですが、すべてスタンダードアセットの出来合いのものを使うので、アニメーション自体の解説はほぼありませんでした。
自分で3Dモデルに対してアニメーションを付けたりといったことを学ぶことはこの本ではできないので、次の段階として別の書籍等で勉強する必要があると思います。

まとめ

下記のような人におすすめの書籍だと思います

  • Unityを初めて触る方
  • 基礎固めをしたい方

この本ではそれぞれの作業が毎回キャプチャーがあるため、本当に初めて触る方でも迷うことがないと思います。
その意味でもUnityを初めて触る方にはおすすめできる書籍だと思います。

ただ逆に言うと、ある程度基礎がある方にはもしかしたら、説明がくどいと思うかともいるかも知れません。結構な勢いでページをめくって進めていく感じになります。


独学ピアノ弾き方 パプリカ弾いてみた

2019-12-21 20:00:00
ピアノ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

独学ピアノ弾き方 パプリカ弾いてみた

description: 独学ピアノ初心者です。エセ耳コピでパプリカを弾いてみました。独学で弾くさいの左手、右手での自分なりの弾き方、楽譜を見ないで弾く方法について自分の備忘録も兼ねて紹介します。

目次

独学初心者「パプリカ」ピアノ演奏

はいどうも、独学ピアノ初心者のみんつです。完全独学でピアノやっております。
米津玄師さん作詞・作曲の「パプリカ」がブームだとニュースになっているのをみて、急にピアノで弾きたくなったのでエセ耳コピで弾いてみました。
子供向けの曲みたいですがなんか哀愁漂いますね。

今回は楽譜を見ずにエセ耳コピで弾いてみたのでその時の自分なりの弾き方について紹介します。
同じく独学でやっている方々の参考等なれば幸いです。

耳コピでの演奏

「耳コピ」といってますが厳密には私は耳コピはできないです。
そもそも耳コピとは、「耳で聞いて演奏をコピー」することです。

もちろん原曲を耳で聞いて覚えたりするのですが、それだけでピアノの演奏にコピーすることは私はできません。
実際には他の方の演奏を見たりして真似て演奏をみたり、コードを参照して弾いています。

なのでエセ耳コピと言ったり、楽譜を見ないで弾くという広義な意味での耳コピと私は言っています。

左手の弾き方

今回のこのパプリカの場合は左手はパワーコードを使って、リズムのパターンとしては大きく分けて2つのパターンで弾いています。
リズムの粒度としては、8分音符で今回は弾いています。

ちなみにコードは耳コピ難しいので私の場合は「chordwiki」, 「ufet」などコードが載っているサイトを参考にしてます。

パワーコード

今回2パターンのリズムを使いますが、いずれもパワーコードで弾いています。
パワーコードは3和音の3rdの音を省略した音で構成されます。
三和音は ルート音、3rd,5thで構成されます。例えばCであればド,ミ,ソですが、パワーコードはこの3rdの音、Cの場合はミの音は使わないということになります。

ピアノで弾く場合ちょうど鍵盤の上で手を開いたときに、小指にルート音、人差し指に5th、親指に1オクターブ上のルート音となるので弾きやすくて都合がいいんですよね。

ズンッチャチャのリズム

今回冒頭からこの弾き方を使っています。

左手パターン1

曲によって合う曲、合わない曲があると思います。しっとりとした曲ではあまり向かない弾き方ではあるかもしれません。

アルペジオ

パワーコードでアルペジオ系の弾き方です。
一番弾きやすいので、耳コピとかでとりあえず弾いて見るときはこの方法で弾くということがかなり多いです。
今回の演奏でもサビやサビの入る前の部分で使ったりしています。
かなり幅広く使えるので、一曲全てこのパターンで弾いても違和感はないです。ただこれだけだと変化がなくてつまらなくなるので他のパターンを混ぜたりしています。

左手パターン2

右手の弾き方

右手は基本的に一度単音でメロディを弾けるように一度覚えます。
覚え方ですが、自分の場合はメロディを鼻歌で歌えるくらいまで覚えてから、ピアノで弾いてみて実際に音を探すということをして覚えることが多いです。
あとは場合によっては聞いても全然わからない、覚えられない場合は他の人が弾いている演奏を見て目コピすることもあります。
人によってはここは曲を聞きながら一緒に弾いて合わせるとかのほうがやりやすいという方もいるかも知れません。

音を足す

ただ単音だと物足りない感が出てくるので、コードにある構成音を足すことで大体それっぽくなります。
その際メロディが一番高い音になるように弾いています。

右手が空くときに音を足す

メロディだけ弾いてると、右手に空き時間ができるときがあります。
ここもとりあえず右手でもコードを抑えるといったことや、原曲でメロディ以外に音がなっていればその音を弾くといったことをします。

今回の私の演奏の場合、「コードを弾く」、「グリッサンド」をするということをやってますね。(若干失敗してますが。。)

まとめ

今回はパプリカを弾いてみて、その時の弾き方やアレンジの仕方について書きました。
私が初心者なので、初心者向けのアレンジですが、同じように独学でピアノ弾いてる方々の参考になれば幸いです。

割と久々に弾いたので、かんたんなアレンジで弾きましたがもう少し、色んなパターンや覚えて今後も弾いていけたらと思います。


五反田コインスペースに行ってみた! 快適でおすすめ!

2019-09-11 10:00:00
レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

五反田コインスペースに行ってみた! 快適でおすすめ!

五反田のコインスペースに先日行ってきました。コインスペース五反田は非常に空いていて、静かな環境で作業するには快適なスペースです。ゆったりとできるので非常におすすめ。はっきり言って穴場です。写真を交えて雰囲気、混み具合、環境について紹介していきたいと思います。

目次

アクセス

住所: 〒141-0022 東京都品川区東五反田1丁目13−12 いちご五反田ビル10F

五反田駅の直ぐ近くにあり、駅から3分程度でアクセスできます。

JR五反田駅から行くと、東口を出て大通りをまたいだ反対側に青山が見えます。そのビルの10Fがコインスペースになります。

外観

地下鉄の場合は A5 出口から出ると目の前のビルがコインスペースのあるビルになります。

ビルに入る入口はこんな感じですね。
入り口

ここからエレベーターで10Fに上がるとコインスペースがあります。

席数、営業時間、料金

席数 77席
(普通席42席、パーソナルブース3席、自習室32席)
営業時間 9:00 ~ 20:30
料金 1時間: 500円
2時間: 1000円
3時間: 1500円
1日利用2000円

料金、営業時間は変わる可能性もあるかもしれないので、公式サイトの方でも確認できます。

五反田駅前店 | Coin Space by Centro

席数

席数は77席とかなり多いです。他の渋谷などのコインスペースでは大体40席前後のところが多いですよね。
そのため、この五反田のコインスペースは席数も多く、場所も広いためゆったりできます。

座席

都内でこれだけゆったりした感じのコワーキングスペースってなかなか見ないですよね

混雑具合

休日に朝から夜までいたのですが、人は少なく、どの時間帯でも快適でした。

9時頃(開店直後)
普通席:1~4人
自習室:1~4人

ピーク時15時あたり、
普通席:10~15人程度
自習室:10~15人程度

私が行ったのは休日ですが、
その時のピーク時でも空席率は50%以上はありました。かなりスカスカです。

営業時間

営業時間:9:00 ~ 20:30

終了が20:30なので、他と比べると営業時間少し短めかもしれません。

料金

料金は1時間500円で特段安いわけでなありません。
ただ1日利用の場合2000円ですので、朝から夜までいる場合は割と安い方なのかなと思います。

設備

Wifi

Wifiはもちろん利用可能です。
速度とかも特に問題ないかと思います。
測ってはいませんが、画像のアップロード等も行っても、そんなにストレスは感じませんでした。
ブラウジングも快適だったので普通に使う分には問題ないかと思います。

飲食

飲み物はウォーターサーバがあるので水だけなら、無料でいただけます。
コーヒーなどのドリンクは有料です。

コインスペース内ではないですが、1Fに自販機、近くにセブンイレブンやローソンといったコンビニがあるので、そこで飲み物や、食べ物などは調達していけると思います。

椅子

椅子は柔らかい椅子なので、長時間作業もできます。
9時〜18時くらいまでいたのですが、椅子がいいのか、全然お尻とかは痛くならないし、長時間の作業も問題なくできました。

椅子は柔らかい椅子で肘掛けもあったりするので、かなりいいです。
割と他のコワーキングスペースは硬めの椅子だったりすることがあるのですが、それに比べると相当いいですね。

椅子

その他

ホワイトボードは無料で借りられます。

ホワイトボード

他にも、外部ディスプレイも借りる事ができますがこちらは500円ほどかかるようです

雰囲気

人が少ないからか、ゆったりとしていて非常に静かで快適です。
自習室スペースもありますが、普通席スペースでもかなり静かです。

人が少ないので、席がうまることもないので、自習室スペースを取らずに普通席スペースでも勉強など、問題なくできそうです。

雰囲気

その他戸惑った点

実際に行ってみて、最初にちょっと戸惑った点について書いていきます。

まず最初にチケットを買うのですが、ここが無人なので、どうしたらいいか最初戸惑います。
券売機があるのでそれで買うのですが、1日利用で買ったときにチケットらしいチケットは出てこず領収書のみ出てきました。
実はこの領収書がそのままチケットになるようです。

最初領収書と、別でチケットは出てくるものだと思っていたので、領収書だけしか出てこなかったときには焦りました。1分位券売機の前でウロウロしたり、説明書きがないのか探したりしてしまいました。

また、注意点として時々、セミナーなどにも使われることもあるみたいで、自習室スペースは貸し切りになる事があるようです。
自分が行ったときも、自習室貸し切りの張り紙があったのですが、その時は自習室スペースだけが貸し切りで、普通席スペースは普通に使うことができました。

こんなに人におすすめ

  • ゆったりと作業したい
  • 静かな環境で作業したい
  • 終日作業をする環境がほしい

これまでの紹介に書いたとおり、とても快適なスペースなので、非常におすすめです。
ただ1時間利用など、短時間利用の場合はそれほど安いわけではないので、1日ガッツリ作業するというときに使っていきたいなと私は思いました。


勉強のストレスを改善!ブックスタンドで快適な勉強環境を作る!

2019-09-05 09:00:00
レビュー
タグ:
勉強
レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

勉強のストレスを改善!ブックスタンドで快適な勉強環境を作る!

勉強ってストレス溜まるときないですか?
でもそのストレスは勉強のストレスではなく、勉強環境のストレスではないかと最近気づきました。
そんな勉強環境を少しでも改善するために使ってる、ブックスタンドを紹介します。

目次

勉強環境の重要さ

勉強をしているとストレスが貯まることがありますよね、 しかしそのストレスは単純に勉強のストレスではなく、勉強環境のストレスなのではないかと最近気づきました。

勉強をしているとき、教科書や参考書を開きながら勉強しますよね。
その際に、手で抑えておかないと教科書が勝手に閉じてしまうというときありますよね。
自分が学生の頃は教科書の上に筆箱おいて頑張って閉じないようにしたりしていましたが、それでも筆箱が軽いと抑えられなかったり、筆箱からモノを取り出そうとするたびに、教科書が閉じ始めたりかなり煩わしかったです。

短時間なら片手で抑えながら、勉強してもよいかと思いますが、5時間、10時間など長時間勉強するときにずっと抑えていたら相当疲れます。
閉じてしまったりしたら、また開き直したりする手間がかかり、非効率ですしそれがストレスになりますよね。

今思うと学生の頃はそういった手で抑えたり、字を書くのが疲れるとか、そういった身体的なところでストレスを感じて、勉強を嫌っていたように思います。

ブックスタンド

最近使い始めたのがこちらのブックスタンド。

普通に机の上に置くタイプのブックスタンドでも良かったのですが、渡しの場合机が小さく、あんまり机のスペースを使いたくないという問題もありました。
そのため、スペースを有効活用できるデスクアーム式のものを私は使っています。

実際に机に設置するとこんな渡しの机の場合はこんな感じです。

ブックスタンド

机のスペースが増える

このブックスタンドの場合は、デスクアーム式ですので、机の上のスペースを専有することがないです。

今まで参考書を広げていたスペースが宙に浮き、その部分に筆箱文房具などの道具や、ノートを思いっきり広げられるようになったので非常に快適でした。
机が小さいというのも、ストレスになっていたかもしれないですが、こちらのブックスタンドを使うことで改善したように思います。

今実際に使っている、自分の机のスペースがこんな感じになっています。

ブックスタンド

ブックスタンドを使って浮いたスペースに、別の参考書や、本を置いたりしています。
これがないとスペースが小さくてまともに勉強できないです。

身体的に楽になる

冒頭に述べたように、教科書、参考書を開いておくために片手を使って抑えておく、そんな作業がなくなるので非常に楽です。

また、机に直に教科書、参考書を広げるよりも、目線が上に行くので姿勢も良くなります。

このおかげで、5時間とか長時間の勉強もそれほど疲れずできるようになりました。

読書にも最適。勉強以外にも役に立つ

ブックスタンドなので、もちろん読書にも最適です。
ほかにも、楽譜を置いたり、スマホや、タブレットをおいたりKindleを置いたりと割と色々なことに使えます。

欠点はないの?

私の買ったこのブックスタンドの場合欠点としては、A6サイズのいわゆる文庫本には大きすぎて、うまく挟めないという点です。

ストッパーの部分の間隔が広すぎて文庫サイズだと挟まらないんですよね。

そのためちょっと工夫して使う必要があります。

工夫というのは、文庫本でも挟めるように、ストッパーとの間に定規や割り箸を挟む方法や、洗濯バサミなどを使ってストッパーの間隔を小さくする方法です。

割り箸を使うとこんな感じです。

割り箸で抑える

これで、ストッパーの感覚が広すぎて抑えられないものも、うまく抑えられるようになりますね。
写真の例は文庫サイズですが、問題なく使えます。

最後に

今回はブックスタンドの紹介をしました。
勉強のときにはもう手放せないアイテムになっています。
勉強にストレスを感じている方、勉強環境を改善したい方の参考になれば幸いです。


ページごとの検索クエリを見たい サーチコンソールの使い方

2019-09-04 02:00:00
副業
タグ:
副業
サチコ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

ページごとの検索クエリを見たい! サーチコンソールの使い方

サーチコンソール有効に使えていますか?
サーチコンソールのトップ画面を眺めて終わりになっていないでしょうか?
私は今までサーチコンソールの設定をしてクリック増えているなーとか全体の歯科見ていなかったのですが、もう少し深く使ってみたら非常に便利でしたので備忘録的にメモしておきます

目次

サーチコンソール(Google Search Console)とは

VTuber、Youtuberをやってると、真っ先に気になるのがチャンネル登録者数ですね。

8月に本格的に動画を上げ始めて8月は最終的にチャンネル登録者数+18人でした。

検索パフォーマンス

検索パフォーマンスのトップに行くと次のような画面が出ますよね。

// 検索パフォーマンス

この画面から「クリック数の推移」、「表示回数」の推移を見ることができます。
これでこの日は調子良かったなぁとか、最近調子悪いなぁとか把握できますよね。

これだけで終わってないでしょうか?
割と自分は今までその程度にしか使っていませんでした。
でもこれ非常にもったいないことに気が付きました。

もっと色々詳しく分析することができるんですよね。

ページごとのクエリを見る

「検索パフォーマンス」 -> 「新規」 -> 「ページ」をリクックします

ページパフォーマンス

下記のようなモーダルが立ち上がります。

ここに調べたいページのURLを入れて「適用」をクリックしましょう。

モーダル

そうするとそのURLだけの分析結果が表示されます
ページ検索パフォーマンス

手順的にはURLを入れるだけなので非常に簡単だと思います。
いままで全体しか見ていなかったんのですが、個別のページの検索クエリなどがわかると、リライトやページの改善に役立ちそうです。

リライト、ページ改善に役立てる

ページごとの検索キーワードを使って下記の様なことに役立ちそうです

  • タイトルのリライト
  • 文章中のキーワード
  • 次のブログ記事のキーワード

タイトルのリライト

これはわかりやすいですね。
検索されているキーワードに近いタイトルをつけて最適化するというものです。

文章中のキーワード

検索、表示回数が多いキーワードを入れながら、リライト。
もちろんキーワードだらけにならないように、記事の内容から乖離は出ないようにする必要はあると思います。

次のブログの記事のキーワード

ユーザーはこんな感じに検索してくるのか、といった情報や、こういうキーワードに需要があるのかということがわかってきます。
表示回数はあるけど、クリックされていない場合なんかは、ユーザーの検索そのばあい 
タイトルがあってない、ディスクリプションの内容があっていないということではないでしょうか。
その場合ユーザ意図を汲み取って新たにそれを記事にしてしまうのも良さそうな気がします。

最後に

リライトしようかなとは思うのですが、どこからやったらいいかわからなかったんですよね。
でもこういったツールを使って分析していくと、どんなキーワードが良いのか、ユーザー求めているものは何なのか色々分析することができて、効果的にリライトをすることができそうです。


  • ...